==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

コールオプション

コールオプション

コールオプションとは日経平均株価など、一定期間内に定められた価格で買うことのできる権利のこと。

オプション取引で、ある商品を将来のある期日までに、その時の市場価格に関係なくあらかじめ決められた特定の価格(=権利行使価格)で買う権利を売買する取引のこと。

コールオプションの取引は、買方(買うことができる権利を買う)と売方が同時に存在します。

新規に取引を開始する際には、買方はプレミアムを支払い、一方売方はプレミアムを受取ります。

その後決済時等に、買方が権利を行使すると、対象とする商品を権利行使価格で手に入れることができます。

一方、売方はこの権利行使に応じなくてはなりません。


コールオプションは、先物だけではなく、株や証券、FX(外国為替証拠金取引)などでも使われる共通の意味を持つ言葉です。


【コールオプション取引の例】

現在、日経平均株価が15,000円であったとします。

この先、株価が上昇すると予想します。

日経平均株価を構成する株式のポートフォリオを購入するだけの資金はない場合、コールオプションを購入する方法があります。

1カ月後に満期がくるコールオプションとして、行使価格が、15,000円、15,500円、16,000円の3通りの日経平均オプションがあったとします。

各々のプレミアム(=値段)が、800円、500円、300円とする(コールオプションのプレミアムは、行使価格が高いほど小さくなる)。


<買方の場合>

ここで、行使価格が16,000円、プレミアムが300円のコールオプションを購入したとします。

1カ月後の満期時に、予想通り、日経平均株価は上昇して、16,500円になったとします。

このコールオプションを16,000円で行使することで利益を得ることができます。


<購入から権利行使までの資金の流れ>

購入時 : 300円×1,000(日経平均オプションの売買単位は指数値の1,000倍)=30万円
行使による利益 : (16,500円−16,000円)×1,000=500,000円=50万円

全体の利益 : 50万円−30万円=20万円


<売方の場合>

コールオプションでは、実際には、上記の例のような買方だけではなく、売方も存在する。

買方の例において、コールオプションの売方は、当初取引開始時には、30万円のプレミアムを受取ることができます。

しかし予想に反し、株価が上昇してしまい、権利行使に応じて時価16,500円の日経平均株価を、権利行使価格である16,000円で売却する義務が発生しました。

これによって50万円の損失が生じ、全体では20万円の損失となりました。




posted by money at 11:50 | TrackBack(0) | 先物

円スワップ

円スワップ

円スワップとは、中長期固定金利と短期変動金利を交換することが一般的な取引。

銀行・企業が金利変動リスクを回避するために活用する。

固定金利と変動金利の交換が典型的で、企業や銀行が金利変動に伴うリスクを回避するために利用します。

短期資金を取り扱う銀行が長期金利を扱う生命保険会社との取引で長期資金を調達し、一定の利ざやを乗せて長期の住宅ローンを貸し出す例が一般的です。


スワップ取引は、何を交換するのかで、円スワップ、金利スワップと通貨スワップに分けられます。

金利スワップとは、同じ通貨間の異なる種類の金利を交換する取引のことです。

この取引では、通常、元本の交換をしません。

金利計算のために元本を名目上決めているが、これを想定元本と呼んでいます。

一方、通貨スワップとは、異種通貨間の異なる種類の金利を交換する取引のことです。

この取引では元本の交換をします。

スワップは、現物取引と比べてコストが小さく、事務手続が簡単です。

<例えば>

債務を交換するには、面倒な法的手続きが必要だが、スワップ取引を使うと、金利支払い部分を交換するだけで、法的な手続きなしに債務の交換を行うのと同じ経済的効果が得られます。


posted by money at 11:42 | TrackBack(0) | 先物
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。