==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

店頭デリバティブ

店頭デリバティブ

店頭デリバティブとは、取引所を介さず、銀行、証券会社の店頭で取引される金融派生商品のこと。


デリバティブ取引には、先物取引のように、取引が公設の取引所に限定されているものと、自由に相対で取引される店頭OTC取引とがあります。

そもそも、デリバティブとは何かといいますと、預金為替債券株式など従来の金融商品をベースにしながらも、そこから派生して生まれた新しい金融技法をもつ商品です。

代表的なものは先物取引オプション取引スワップ取引で、これらを組み合わせた複合商品も開発されています。

従来の金融商品は原資産などとよばれるが、デリバティブは原資産をベースにはしているが、価格形成や商品特性がまったく異なるのが特徴です。

取引に際して、元本に相当する金額の受渡しがないため、デリバティブの元本は想定元本とよばれます。

このため、デリバティブ取引は貸借対照表に載らず、オフバランス取引とよばれます。



店頭デリバティブ取引の意義

取引所でのデリバティブ取引が言わば規格化された取引であるのに対して、店頭では、個々の取引当事者のニーズに即応したデリバティブ取引が行われます。

金融・証券取引が高度化する中で、ヘッジや資産運用収益の向上等に対する投資家のニーズはますます多様化しているが、店頭デリバティブ取引は正にこうしたニーズの多様化に応える取引として急速に発展してきています。

また、この取引は、金融・証券業者が創意工夫を発揮して、最新の金融技術を駆使する取引であるとともに、業者の競争力が試される取引でもあります。

店頭デリバティブ取引にはこうした自由度がある反面、取引所取引に比べ信用リスクが大きいことや、必ずしも流動性が伴わないといった点もあります。

したがって、取引所でのデリバティブ取引と店頭デリバティブ取引は、両者が相補う関係にあるといえます。

現在、世界的に金融・証券取引が急速に新たな展開を繰り広げているが、デリバティブ取引は正にその原動力の中心であり、その発展は将来の金融・証券取引の姿を左右する大きな鍵となっています。

こうした中で、我が国においては、有価証券を原資産とする店頭デリバティブ取引について法的制約があることから、諸外国に比べて店頭デリバティブ取引の多様性に欠けるという問題が生じています。

今後の金融・証券取引における店頭デリバティブ取引の重要性にかんがみれば、その健全な発展のために、早急に所要の法的整備を行い、我が国市場の国際的競争力の確保に努めていく必要があります。



posted by money at 19:35 | TrackBack(0) | 先物

ノックアウトオプション

ノックアウトオプション

ノックアウトオプションとは金融証券取引で、あらかじめ決められた価格に達したことによって、行使できる権利が消滅する取引。

ノックアウト・オプションは満期日までに為替レートがあらかじめ条件として設定していた価格に到達するとオプションが消滅するオプションです。

オプションが消滅するレートをノックアウト・プライスといいます。


<例えば>

輸出企業の場合、ドルプット(ドル売り)円コール(円買い)を行使価格95円で100万ドル買います。

オプションの消滅する価格(ノックアウト・プライス)を90円とし、プレミアムを1.00とします。

満期日に直物レートが1ドル=95円以上であれば市場のレートで100万ドル売ります。

95円以下の場合、オプションを行使して95円で100万ドルを売ります。

しかしながら、満期日までに直物レートが1ドル=90円になるとこのオプションは消滅してしまいます。

リスクのヘッジにはならなくなります。

posted by money at 19:29 | TrackBack(0) | 先物
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。