==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

スプレッド取引

スプレッド取引

スプレッド取引とは先物取引において、期近より期先が高いことを利用し、期近を買うと同時に期先を売ってその差額分の利益を取る取引のこと。

二つの商品における価格差のことで、割高な銘柄を売り、割安な銘柄を買えば確実に利益を得る取引のことをいいます。

株の場合、前もって決まった銘柄間のスプレッド取引は、無く投資家の経験や比較分析で、独自に選んだ複数の銘柄間の、価格差を利用して売買を行っています。

スプレッド取引の特徴

<買いと売りの両建て取引>
一番の特徴は2銘柄の買いポジションと売りポジションを組み合わせた両建て取引であるということです。

一般の投資家がこの取引を行う際は買いポジションは現物取引、信用取引のどちらでも考えられますが、売りポジションは信用取引の空売りを利用する場合が多いようです。


<2銘柄のスプレッドの拡大、縮小を予想する運用手法>

一つの銘柄の上げ下げを単純に予想するのではなく、2銘柄の株価の差(スプレッド)が拡大するのか、縮小するのかを予想する取引です。


〔スプレッド取引の短所(デメリット)〕
前述の様に相場の上げ下げに左右されず、収益機会を狙えるといった長所の一方、売り買い2つの取引を同時に行わなければならない為、一般的には手数料等の取引コストが通常の取引に比較して大きくなると言った短所もあります。

また、2銘柄のスプレッドが自分の予想とは大きく反対に拡大、縮小する場合もあり、損失が限定されているわけではありません。



posted by money at 10:30 | TrackBack(0) | 先物

スワップコスト

スワップコスト

スワップコストとは、スワップ取引をする際に、現時点での相場の開きから受ける損失のこと。

その差を年率換算した金利相当分が当たる。


<例えば>

直物(現物)100円、先物98円の状態で、直物買い、先物売りの為替スワップを行った場合、差額の2円を取引相手に支払ったことなる。これがスワップコストである。


為替スワップには、「買い/売りスワップ」と「売り/買いスワップ」の2種類の取引があります。

「買い/売りスワップ」とは、期近でドルを買い、期先でそれを売る取引です。

<例えば>

ドルの買い/売りスワップは、1ドル=100円で直物を買い、期先に1ドル=95円で先物を売り戻すといった取引です。

このとき、直物レート(100円)と先物レート(95円)の差額の5円を、取引相手に支払ったことになります。

これを、スワップコストといいます。

一方、「売り/買いスワップ」とは、期近でドルを売り、期先でそれを買う取引です。

例えば、ドルの売り/買いスワップは、1ドル=100円で直物を売り、期先に1ドル=95円で先物を買い戻すといった取引です。

このとき、直物レート(100円)と先物レート(95円)の差額の5円を、取引相手から受け取ったことになります。

これを、スワップマージンといいます。

直物為替レートと先物為替レートの価格差を、直先スプレッドといいます。

直先スプレッドの支払側は、これをスワップコストと呼んでいます。

一方、受取側は、これをスワップマージンと呼んでいます。

期近とは、現時点に近い手前の期日と言う意味です。

今日や明日のように、現時点に近い期日をいいます。

期先とは、先の期日のことです。


posted by money at 10:24 | TrackBack(0) | 先物
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。