==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

インプライド・ボラティリティ

インプライド・ボラティリティ

インプライド・ボラティリティとは、オプションのプレミアムを決定する要因の一つ。

インプライド・ボラティリティーは、ブラック・ショールズ・モデルに従うとオプション価格は権利行使価格と原株価、権利行使日までの期間に安全利子率、原株のボラティリティー(株式投資収益率の標準偏差)の各データによって一度に決まります。

予想変動率は、歴史的変動率(実際の過去の相場の変動率)を基に、今後の相場動向の予想や需給関係を加味して決定されます。

予想変動率の理論値を計算する方法はありません。

しかし、上場オプションの場合は、オプション価格(プレミアム)で取引されているので、ブラック・ショールズ式を使ってプレミアムから逆算し、インプライド・ボラティリティを計算します。

逆に、ブラック・ショールズ・モデルに従って市場でのオプション価格およびボラティリティー以外のデータを与えると、ボラティリティーを数値計算によって逆算することができる。

この逆算によって求められたボラティリティーのことを市場価格から含意された、インプライド・ボラティリティーといい、それによって直接観測できない市場で形成されるボラティリティー予測を知ることができます。


<ボラティリティとは>

金融・商品先物業界の用語としては、ある銘柄についての価格変動率のことをいいます。

ボラティリティが大きい=価格変動が大きいです。

一般的には標準偏差を用いることが多いです。

オプション価格評価を爆発的に普及させたブラック・ショールズ方程式に含まれるパラメータであったため、一気に普及しました。

オプション価格(プレミアム)から逆算されるインプライド・ボラティリティと、過去の値動きから算出されるヒストリカル・ボラティリティがあります。

先物やオプションなどの金融派生商品は、ボラティリティが大きくなると価値が上がります。

金融派生商品を用いることにより、原資産を市場の実勢価格よりも有利に売買できる可能性が増すためです。



posted by money at 11:28 | TrackBack(0) | 先物

イン・ザ・マネー

イン・ザ・マネー

イン・ザ・マネーとは、オプション取引で権利を行使すると利益が生じる状態のオプション。

イン・ザ・マネーは、権利行使価格が原資産価格の内側にある状態です。

つまり、コールオプションの場合、「原資産価格>権利行使価格」、プットオプションの場合、「原資産価格<権利行使価格」の状態です。

イン・ザ・マネーはその状態で権利を行使すると、利益が得られる状態のことです。


<例えば>

行使価格100円のコールオプションを持っているとします。

市場価格が110円のときにオプションを行使すると、その商品を100円で買って110円で売れるので、10円(110−100=10)の利益がでます。

このような状態をイン・ザ・マネーにあるといいます。

プットオプションでは、市場価格が行使価格100円より安い時にイン・ザ・マネーにあるといいます。

イン・ザ・マネーのオプションのプレミアム(オプション価格)は、アット・ザ・マネーに比べて高くなります。

posted by money at 11:26 | TrackBack(0) | 先物
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。