==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

カバードワラント

カバードワラント

カバードワラントとは、個々の株式や株価指数などを原資としたオプションを証券化したもの。

カバードワラントとは、株式や株価指数の「買う権利」(コールオプション)や「売る権利」(プットオプション)を証券化した商品。

購入最低金額は数万円からと、少額資金で取引できることが魅力です。

その反面、現物証券並の収益変動を得ることができるというハイリスク・ハイリターン商品です。

カバードワラントの売買する権利の対象となる商品は、株価指数、個別株、為替などがあります。

市場の競争売買で価格が決まるという形ではなくて、特定の証券会社が値付け業者として、売り注文や買い注文に対応する形になります。


カバードワラントでは、短期的に大きなリターンを得る為に開発された金融派生商品ですので、個別株式やトピックス、為替などを証券化し、証券会社などが発行します。

基本的な仕組みは「オプション取引とは」で説明したオプション取引と類似しており、プットワラント(売る権利)やコールワラント(買う権利)などを売買します。

10万円程度の投資資金で数百万円の運用ができることから、「信用取引」にも似ていますが、カバードワラントと信用取引の違いは、あくまでもオプション(権利)の売買ですから、最大損失が、投資金額以上になることはありません。

これが、信用取引での空売りの損失額は青天井であることとの大きな違いになります。

カバードワラントは小額で大きなリターンをえることもできますが、損失額の上限は確定しているものの同時に損失が発生する可能性もある、ハイリスクハイリターンの商品です。


<カバードワラントの種類>

カバーワラントを対象により分類すると・・・・

通貨ではUSドル・UKポンド・ユーロなどがあります。

株価指標では日経平均株価・東証株価指数・ダウ平均株価(工業30種)・NASDAQ100・韓国200種・S&P 500 です。

株式では日本・アメリカ・複数銘柄バスケットなどがあります。

カバーワラントの権利の種類には、

買う権利 - コール・オプション
売る権利 - プット・オプション
権利行使価格による分類

権利行使価格が高い - eワラント(株価より大きい動きをする)
権利行使価格が低い - ポケット株(行使価格が1円となっており、株価の動きにほとんど連動する)

カバーワラントには、このような種類があります。





posted by money at 20:32 | TrackBack(0) | 先物

オルタナティブ投資

オルタナティブ投資

オルタナティブ投資とは、オルタナティブ投資株式や債券などに代わりうる投資対象。

商品取引やREITなど。

株式や債券等の伝統的な資産運用を超えて、それ以外(「ヘッジ・ファンド」、商品、不動産等)を投資対象とし、さらに様々な運用手法を用いたり、異なったリスクを持つ運用対象を組み込むなどして投資を行うことをオルタナティブ投資と総称します。

オルタナティブ投資 (alternative investment)とは、株式や債券といった伝統的資産に投資して、その値上がり益や配当収入を期待するといった運用手法とは異なる投資手法を指します。

つまり、空売り、先物・オプションなどの金融派生商品を活用して、相場の動向にかかわらず収益の確保を目指す運用手法のことです。

具体的にはヘッジファンド、ファンド・オブ・ヘッジファンズ、未公開株、マネージド・フューチャーズ、マネージド・カレンシー、不動産、ベンチャーキャピタル等、幅広い投資がオルタナティブ投資に含まれます。

ヘッジファンド=オルタナティブ投資として使われていることが多く見られますが、ヘッジファンドだけがオルタナティブ投資というわけではありません。

なお、オルタナティブ投資のことを「代替投資」と訳することもあります。


【オルタナティブ投資のメリットとリスク】

<メリット>
・ 市場変動に左右されにくい
・ 機関投資家など一部の投資家向けの商品に比較的少額から間接的に投資できる

<リスク(ご留意事項)>
・ 商品性が複雑
・ 流動性・換金性に乏しい
posted by money at 20:31 | TrackBack(0) | 先物
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。