==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

ストラドル

ストラドル

ストラドルとは、2つ以上のオプションを組み合わせ原資となる商品の価格変動を基準に置いた投資戦略。

ストラドルとは、先物取引で行われている裁定取引の1つで、同一市場異商品間のサヤ取りの事です。

<例えば>

原油とガソリン、原油と灯油、ガソリンと灯油の価格差で行う裁定取引の事です。

ストラドルは同じ行使価格を設定したコール・オプションとプット・オプションを組み合わせるものであるが、OTM(行使価格が市場レートより不利な状態)になるような行使価格を設定したコール・オプションとプット・オプションを組み合わせたものをストラングルと呼びます。

<さらに詳しく>

ドル/円の直物レートが1ドル=100円のとき、行使価格95円のドル/円のプット・オプション(ドル売り)と行使価格105円のコール・オプション(ドル買い)を同額買います。

プレミアムはそれぞれ2.00とします。

OTMのオプションなのでプレミアムは安くなるが、ストラドルの場合よりも相場が大きく動かないとオプションを行使できません。

ストラングルの売りは、OTMのコールとプットのオプションを同額ずつ売ることになる。将来相場が安定する見込みのときに、プレミアムを取りに行く戦略です。




posted by money at 06:15 | TrackBack(0) | 先物

裁定取引

裁定取引

裁定取引とは、2つの異なる市場の価格差・金利差を利用して儲ける取引方法。

裁定取引は、日経平均と日経平均先物の連動性を利用して、2つの価格差が拡大したり収縮したりする値動きのサヤ取りを狙う取引です。

広い意味での裁定取引は、同じ商品が別の市場で異なる価格で取引されているときに、割安な市場で買い、割高な市場で売って、利ざやを稼ぐことです。

また、連動性のある2つの商品の値動きの差が拡大したら収縮したりする動きからサヤを稼ぐことも裁定取引といいます。

株式市場で言われる裁定取引とは、日経平均と日経平均先物を対象にした取引です。

日経平均から日経平均先物の理論価格を算出し、日経平均先物に実際についている価格が理論価格を上回った時には「先物売り、現物買い」、先物価格が理論価格を下回った時には「先物買い、現物売り」という売買を行い、先物価格が理論価格にサヤ寄せした時に反対売買すればその値動き分が利益となります。


【 補 足 】

先物のポジションとオプションの合成ポジション(二つ以上のオプションの組み合わせ)で、「裁定取引」を行うもので、「コンバージョン」と「リバーサル」という二つの方法があります。

「裁定取引」なのでポジションを作る条件は厳しくなりますが、SQ(特別指数清算値)算出日に決済をすると利益を得ることが出来ます。


コンバージョン

同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られます。これを利用し、日経平均先物の価格が理論価格より安く、一方で、オプションの価格(コール、プットともに)が理論価格通りとなるなど合成先物が高く、先物が安いときにその価格差を得る戦略です。


リバーサル

同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られます。これを利用し、日経平均先物の価格が理論価格より高く、一方で、オプションの価格(コール、プットともに)が理論価格通りとなるなど合成先物が安く、先物が高いときにその価格差を得る戦略です。


posted by money at 06:14 | TrackBack(0) | 先物
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。