==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

家族収入特約

家族収入特約

家族収入特約とは死亡保険金を一度で受け取らず、年金方式で受け取ることができる特約。

死亡保障額の合計は、加入した年から毎年減っていくため、逓減定期保険に似ている。

家族収入特約」は、「収入保障特約」「生活保障特約」ともいわれます。

・基本的には『定期保険』ですが、保険金の払われ方に一工夫があるわけです。従って、保険期間が決まっており、この間に死亡すれば死亡保険金が払われますが、それ以後の死亡は払われません。

満期保険金はありません。

「定期保険(特約)」と同じく全期型と更新型があります。


・「収入保障保険」には2つのタイプがあります。

一つは、保険期間中いつ死亡しても年金は一定期間だけ払われるというものです。

例えば、加入後すぐに死亡しても月額20万円の年金が10年間、保険期間終了直前に死亡しても10年間保険金が払われます。

・もう一つのタイプは、例えば保険期間が30年の場合に、加入後すぐに死亡すれば年金が保険期間終了までの30年間払われ、10年経過後になくなれば20年間、保険期間が残り10年以内の場合は一律10年分払われるというものです。

このタイプは早くに死亡するほど受取る保険金の合計額は大きく、遅くなると合計額は一定額まで減少することになります。
(つまり、「定期保険」の中でも保障額が少しずつ減少する『逓減定期保険』にあたります)。

<収入保障保険・収入保障特約はこんな人に向いています>

・自分が死亡したときの家族の生活費を、年金形式で残したい人。
・死亡保障をできるだけ安く買いたい人。
・生涯の保障は必要ないので、一定期間だけの保障が欲しい人。
・保障は保障、貯蓄は貯蓄と別々に考えたい人。


<収入保障保険・収入保障特約はこんな人には向きません>

・満期保険金や、解約返戻金が欲しい人。
・掛け捨ての保険は絶対に嫌いな人。
・貯蓄を兼ねて保険に入りたい人。
・一生涯の死亡保障が欲しい人。
「医療特約」を付けたい人。


<収入保障保険・収入保障特約の加入のポイント>

・必要な保障額と保障期間を考えてみましょう。
・A型にするか、B型にするか。
・自動更新にするか、長期にするか。
・必要に応じて他の保険と組合わせる。





posted by money at 12:16 | TrackBack(0) | 保険

介護保障特約

介護保障特約

介護保障特約とは、要介護状態になった際、介護年金、介護一時金などを受け取れる保障。

介護保障特約は、所定の要介護状態が180日以上継続した時に、要介護状態が続く限り所定の期間、介護年金が支払われる特約の事です。

この180日は一般的な日数なので保険会社に要確認のこと。

介護特約は一時金として介護給付金が支払われますが、介護保障特約は毎月・毎年など年金形式で支払われます。

公的介護保険の給付は、要介護認定を受けた利用者が1割の利用料を支払うことで介護サービスそのものが給付される「現物給付」です。

一方、生命保険会社の介護保険は「現金給付」です。

生命保険会社が取り扱う介護保険は、保険契約に定める所定の要介護状態に該当すると、契約時に定めた金額を受取人が受け取ることになります。

また、公的介護保険と異なり、40歳未満でも契約することができます(この場合、何歳から介護保険を契約できるかは、生命保険会社によって異なります)。

さらに、公的介護保険のように「65歳未満の人は、老後に伴う特定の病気で要介護状態になった場合に限り、給付を受けられる」といった、年齢による制限もありません。


posted by money at 12:14 | TrackBack(0) | 保険
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。