==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

動物保険

動物保険

動物保険とは、動物の疾病、事故ややむ得ない屠殺による損害に対し、保険金が支払われる保険。

別名:ペット保険ともいいます。

動物保険とは動物のための保険制度です。

人の健康保険同様に、病気やケガ、入院、手術といった治療費を何割か保障するというものです。

保険会社によって、保障内容や保障額は異なります。

犬や猫を対象とする保険は一般的になってきていますが、変わった動物でもペットとして保険会社が理解している場合は動物保険がご利用できます。

<ご利用例>

ペットの医療費については保険がない場合、非常に高額になります。

人間の場合の医療費と異なり、動物病院における医療費には今のところ明確な基準がなく、治療にかかる動物病院によっては、非常に高額な医療費を請求されることがあります。

すぐに治る軽度の怪我程度の治療なら問題はないでしょうが、重傷や難病で治療期間が長くなると、ペットの医療費が家計を圧迫することにもなりかねません。

治療費が高いからといって動物病院に行かないということも出来ません。

そんな万が一の場合のために、動物保険(ペット保険)をご利用する人が増えてます。

<注意>

動物保険に関しては、犬、猫は大半の保険会社が対応してますが、他の動物については、対応を見送る保険会社もあります。

契約を希望する前に、各保険会社に対応動物の種類とプランの確認をお勧めします。





posted by money at 11:33 | TrackBack(0) | 保険

テニス総合保険

テニス総合保険

テニス総合保険とは、テニスをする人が、国内のテニス場で行うテニスの競技中、練習中、指導中に起こした賠償責任やプレーヤー自身の傷害、テニス用品の盗難、テニスラケットの折損を総合的に補償する保険。

テニスは手軽に楽しめるスポーツとして多くの方々に親しまれていますが、テニスに関わる賠償事故、障害事故も少なくありません。

万が一他人にケガをさせたりしますと。

楽しいはずのテニスもつまらなくなってしまいまい、更には、大変な額の賠償金を負担することもあります。

<保険金をお支払い例>

賠償事故
日本国内のテニス施設内において、テニスの練習、競技または指導中に誤って他人を傷つけたり、他人の財物をこわしたりした場合に法律上支払われなければならない損害賠償金をお支払いします。(ただし、ルールにのっとたプレーヤー同士の事故は、対象にならないことがあります。)

傷害事故
日本国内のテニス施設内において、テニスの練習、競技または指導中に、急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされた場合に、次の保険金をお支払い致します。

・死亡保険金
ケガのため事故の日から180日以内に死亡されたとき、保険金額の全額

・後遺障害保険金
ケガのため事故の日から180にち以内に後遺障害が生じたとき、その程度に応じて、保険金額の3%〜100%

・入院保険金
入院日数1日につき保険金額の1,000分の1.5(ただし、事故の日から180日限度)

・通院保険金
通院日数1日につき保険金額の1,000分の1(ただし、事故の日から180日を限度として最高90日分まで)

用品事故

日本国内のテニス施設内において、テニス用品が盗難にあった場合、またはテニスラケットが折損・曲損した場合に保険金をお支払いします。

※〈テニス施設〉とはテニス専用のテニスコート・テニス練習場および更衣室等それらの付属施設をいいます。

※〈テニス用品〉とは次のものをいいます。@テニスラケット、テニスボール Aその他テニス用に設計されたもの(ラケットカバー等) B被服類 Cバッグ類


<保険金はお支払いできない例>

・被保険者・保険契約者の故意(賠償事故・傷害事故・用品事故共通)
・被保険者の自殺行為、闘争行為。脳疾患、疾病または他覚症状のないむちうち症・腰痛(傷害事故のみ)
・被保険者・保険契約者の重大な過失によるテニス用品の損害(用品事故のみ)
・テニス用品の自然の消耗または性質による変質等による損害(用品事故のみ)
・ガットのみの損害、ボールのみの盗難(用品事故のみ)      
など


posted by money at 11:33 | TrackBack(3) | 保険
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。