==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

組立保険

組立保険

組立保険とは、機械、構造物の据付、組立工事を対象に、作業中の不測かつ突発的な事故による損害を補償するための保険。

組立保険は、その名のとおり、各種の機械、機械設備・装置などの据付・組立工事をカバーする他、ビル、マンションなどの建物の内外装工事や付帯設備の工事から、石油精製工場や発電所などのプラント建設における設備一式の工事まで、広範囲の工事を対象とする保険です。組立保険では、これらの工事の着工から完成・引越しまでの工事期間中に、不測かつ突発的な事故によってこれらの保険の目的に生じた損害に対して保険金が支払われます。


組立保険の特徴

・組立保険は、機械、設備・装置などの据付・組立工事を請け負う業者の方を対象とした保険で、着工から引き渡しまでの間に生じた、偶然の事故による損害を広く補償する保険です。

・1年間に請け負う組立工事を一括してお引き受けする「総括契約」もあります。
(契約金額は1年間の予想請負金額となります)


組立保険の対象となる物件

あらゆる種類の機械、機械設備・装置または鋼構造物の据付・組立工事が対象になります。

・個別物件:
モーター、ポンプ、プレス、コンプレッサー、変圧器、建物、内外装・エレベーターなど、タンク、橋、歩道橋、鉄塔、クレーンなどの鋼構造物

・ユニット物件:
ビル付帯の空調・電気・衛生設備、し尿処理設備など

・プラント物件:
火力発電プラント、圧延工場プラント、化学プラント等


<保険金が支払われる場合>

組立工事中に、不測かつ突発的に発生したほとんどすべての事故による損害が補償されます。

・組立作業の欠陥による事故
・作業員または第三者の取扱上の拙劣・悪意・過失による事故
・設計・材質・製作の欠陥による事故
・火災・破裂・爆発による事故
・ショート、アーク、スパーク、過電流など電気的現象による事故
・盗難
・土地の沈下・隆起、地すべり・土砂崩れによる事故
・暴風雨、高潮、洪水、氾濫、落雷、冷害、氷害などの自然現象による事故
・その他、保険の対象に生ずる組立事故


<保険金支払の対象とならない主な損害>

・保険の目的の設計、材質または製作の欠陥自体を除去する費用
・地震、噴火、津波による損害
・保険契約者、被保険者の故意、重大な過失
・納期の遅延、外観の汚損、出力不足、債務不履行による損害等。




posted by money at 06:33 | TrackBack(0) | 保険

共同保険

共同保険

共同保険とは、1つの被保険利益を、複数の保険者が共同して危険負担責任を引受けること。

複数の保険会社が同一の被保険利益について共同して危険負担責任を引受けることです。

その場合、各保険会社は各引受割合について権利を有し義務を負うのであって、連帯責任は存在しない。

通常は幹事会社が契約締結、証券発行、保険料の領収と分配、損害査定などの手続きを行います。

通常は、分担割合が最も大きな会社が幹事保険会社となります。

共同保険となる保険証券は、幹事保険会社が代表して発行し(代表保険証券)、そこには各引受保険会社の分担割合が記載されます。


保険契約者は、幹事保険会社を通じて、複数の保険会社と同一内容の保険契約を同時に締結することになります。

非幹事保険会社は幹事保険会社に対して、保険募集や契約保全(例えば、保険契約上の通知義務に基づき保険契約者等が行う通知の受領)に関する事務の代行を委託しています(事務委託契約)が、幹事保険会社には損害保険代理店とは異なり、非幹事保険会社のために行う契約締結権はありません。

また、幹事保険会社には保険事故発生時の損害査定の代理権はない為、実務上、保険事故発生時に、幹事保険会社が代表して損害査定を行うこととして、保険会社は保険事故時にその点、改めて被保険者の同意を取り付けています。
posted by money at 06:31 | TrackBack(0) | 保険
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。