==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

債権保全火災保険

債権保全火災保険

債権保全火災保険とは、債権者が、保険契約者と被保険者となって、抵当物件の損害を補償するために加入する保険。

債権保全火災保険は、火災保険の1つです。

金融機関等の債権者が債権の確実な回収を図るため、債務者に対し建物等の不動産に抵当権を設定させるが、抵当に入っている物件に火災等によって損害が生じた場合に抵当権者(=債権者)が被る損害をてん補する保険です。

この保険は抵当権者を保険契約者・被保険者として契約を締結します。


債権保全とは

債権保全とは、売掛金や貸付金などが焦げ付いたときに損害を被らないように、予め相当分の財産を押さえておくことです。

一般的には、会社や社長さん個人の不動産などを担保として取ったり、保証金を預かったりします。

正確に言えば、債務者である買主の契約上の債務不履行や約定(やくじょう)違反によって、売主である債権者が損害を被らないために自衛策として取る権利行使、ということになります。




posted by money at 11:42 | TrackBack(0) | 保険

コンピューター総合保険

コンピューター総合保険

コンピューター総合保険とは、コンピューターユーザーを対象に、偶然の事故によって生じた情報機器の損害、磁気テープ等の再生作用費、業務停止による損失などを補償する保険。

コンピュータ総合保険は、コンピュータに関連して生じるあらゆる損害が補償される保険のことをいいます。

情報機器・周辺機器の損害をはじめ、情報メディアの損害、また、通常はそれらの損害を被った場合の営業継続費用保険もセットされ、コンピュータに関する損害などが補償されます。

<例>

<落雷でハードディスクが突然読めなくなったしまった。>

・入っていた場合
必要な修理金額が保険から出ます。(保険金額以内)
ソフトの再インストールや、システムの再構築費用も保険から出ます。

・入っていなかった場合
ソフトの再インストールや、システムの再構築費用などすべて自己負担です。


<ノートパソコンを引っかけ机の上から落としTFTのパネルを壊した。>

・入っていた場合
必要な修理金額が保険から出ます。(保険金額以内)

・入っていなかった場合
当然メーカーの保証は効きません。しかもTFTの液晶パネルは高価で 修理代が本体の購入価格の半分を超える事も珍しくありません。


<高額な修理代が発生し、予算計上していなかった為、修理代がすぐに出ない。>

・入っていた場合
保険料と最小限の費用を予算化しておくだけでほとんどの事故に対応できます。
保守費用の大幅なコストダウンが可能です。

・入っていなかった場合
保守予算は過去の実績から係数をかけて算出される事が多く、突発的に発生する予想外のトラブルには対応できない事があります。
その為、必要な物にもかかわらずすぐに修理できない等のトラブルが発生する事があります。

【こんな時保険金が出ます。】
火災
落雷
破損
破裂・爆発
水濡れ
盗難
取扱い上の不注意
いたずら

【こんな時は保険金は出ません。】
故意
重過失
修理中
加工中
戦争
変乱
地震
水災
さび・変色等
情報のみの損害

posted by money at 11:22 | TrackBack(0) | 保険
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。