==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

保険管理人

保険管理人

保険管理人とは、保険会社が破綻した際、保険会社に代わって業務、財産管理をする者。

生命保険会社が破綻した場合、「保険業法に基づく行政手続」または、「金融機関等の更生手続の特例等に関する法律(以下「更生特例法」といいます)に基づく会社更生手続」により、保険契約の継続に向けた手続が進められます。


<保険業法に基づく行政手続>

監督官庁の命令等に基づいて進められる手続です。

過去の破綻事例においては、監督官庁は、まず破綻保険会社の業務の全部もしくは一部の停止を命令(「業務停止命令」といいます)し、保険管理人による業務及び財産の管理を命ずる処分を行います。
(この管理処分と同時に、監督官庁は、保険管理人を選任します。)

保険管理人は、破綻保険会社の業務・財産を管理、調査しながら、保険契約の移転等を柱とする業務・財産の管理に関する計画を作成し、監督官庁にこの管理計画の承認を求めます。

管理計画が承認された後は、保険契約者による異議申立て、監督官庁の認可等を経て、計画に基づいて保険契約の継続が図られます。



posted by money at 11:13 | TrackBack(0) | 保険

リスク細分型自動車保険

リスク細分型自動車保険

リスク細分型自動車保険とは、通常の自動車保険では年齢や車種によって保険料に格差をつけているが、それ以上に事故発生のリスクを細分化して保険料を決めている保険のこと。

リスク細分型自動車保険とは、被保険者の利用状況、年齢、車種などに合わせて、料率を細分化して保険料が決まる自動車保険をいいます。

既存の自動車保険よりも、さらに細分化され、リスクの少ない契約者の保険料は安く、リスクの高い契約者はそれなりの保険料を負担するという考え方に基づいています。


<リスク細分型自動車保険の特徴>

リスク細分型自動車保険とは、リスクの少ない契約者には保険料を安く、リスクの高い契約者には保険料を高くするという仕組みの自動車保険です。
 
どのようなリスク要因があるかというと、年齢、性別、地域、使用目的、走行距離などが上げられます。

それぞれのリスクに応じて保険料に差をつけ、保険料が高くなったり、安くなったりするのです。

ここ数年で、ごく一般的な自動車保険の考え方となりました。

リスクの少ない方にとっては、30%や40%といった大幅な保険料ダウンも見込めますが、逆にリスクの高い方にとっては、これまで以上に保険料がアップすることもあります。

先程も上げた項目(年齢、性別、運転歴、使用目的、使用状況、車種、安全装備、所有台数、地域)については、保険業法施行規則で、これを元に保険料に格差をつけてもよいことになっています。

保険会社によって「リスクの設定方法」や「リスクの評価方法」が異なります。

このようなことでリスク細分型自動車保険は、複数会社の見積もりを取ったりして、保険料の比較検討を行うと良いでしょう。


posted by money at 11:39 | TrackBack(0) | 保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。