==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

コーポラティブハウス

コーポラティブハウス

コーポラティブハウスとは住宅購入を考えている人々が集まり、建設組合を作って建築した集合住宅のこと。


コーポラティブハウスは、住宅の購入や建築など志向を同じくする複数の人々が集まり、建設組合を設立し、協同して敷地の取得や建物の企画、設計、建築工事の発注等を行い、住宅を取得、管理していく。

メリットとしては、自由な設計で建物を建設することができ、 中間マージンを省くことができるので、通常の分譲マンションよりも安い価格で、自分の好みを反映した住まいが持てること、入居前に安心できる近隣関係がつくれるので良好なコミュニティを形成しやすいことなどが上げられる。

反面、出資者同士の綿密な打ち合わせが不可欠のため手間と時間がかかるなど、組合員の多大な労力を要するなどのデメリットが上げられる。


<特徴>

・ライフスタイルにあった住宅設計が可能。
・入居前から居住者どうしの会合を通じてコミュニティー育成が期待できる。
・手間や時間をかけられる。


<最も多い希望要項として>

1)家族の団欒・交流の場としての家造りをしたい。
2)SIMPLE IS BEST
3)玄関に自然光を採り入れたい。
4)家族皆でゆっくりとくつろげる空間。
5)疲れのとれるゆったりとした浴槽。
6)子供部屋は最小限のスペースで。
7)納戸を広くし、個室にあまり物を置かない。




posted by money at 15:35 | TrackBack(0) | 不動産

実勢価格

実勢価格

実勢価格とは、実際に不動産売買が行われた不動産取引価格

実勢価格は、実際の不動産取引で、売り手と買い手の需要が釣り合う金額のことをいいます。

実勢価格は、端的に言えば不動産の時価で、実際の取引で付けられた値段のことで、取引がない場合には、その土地の周辺の取引から推定することが多い。

土地の価格には公示価格、固定資産税評価額などさまざまな尺度があるが、売買の際に直接関係するのがこの実勢価格。

ちなみに不動産の広告に記載されている価格は、売主の希望売却価格であり、厳密には実勢価格ではない。


<例えば>

不動産の取引においては、不動産の時価、つまり実際の取引で付けられた値段のことを表す。

また、このような場合、取引がない場合には、その土地の周辺の取引から推定して算定することが多い。

土地の価格には公示価格、固定資産税評価額などさまざまな尺度があるが、売買の際に直接関係するのがこの実勢価格である。

ちなみに不動産の広告に記載されている価格は、売主の希望売却価格であり、厳密には実勢価格ではない。

posted by money at 15:33 | TrackBack(0) | 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。