==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

リバースモーケージ

リバースモーケージ

リバースモーケージとは、高齢者の保有する不動産を担保に、生活資金融資を受け、最終的に不動産を売却して返済すること。

1981年に初めて導入された市もありますが、2003年に日本全国に導入されたようです。

リバースモーケージは、少子高齢化社会における目玉の制度の1つです。

簡単に説明すると、高齢者がお持ちの土地や住宅を担保として、年金形式で融資をうける制度です。

現金収入が得られますので、経済的な自立で、子供世帯へ金銭面での負担をかけずにすみます。

長年住み慣れた土地で余生を過ごせますので、住み慣れた土地や家を手放さず 毎月定額の生活資金を受け取れるのです。

ゆとりある老後を実現するために、日本にも導入されています。

もちろん、融資額には限度があります。

そこで 考えられるリスクが「長生きリスク」です。

でも 融資がストップしても、家には住み続けられるのです

ただし マンションでは受けられませんのでご注意してください。



posted by money at 21:35 | TrackBack(0) | 不動産

スケルトン貸し

スケルトン貸し

スケルトン貸しとは、壁・天井などの内装を一切施さず、粗壁むき出しの状態で、ビルを賃貸すること。

内装費の無駄を省いて少しでも賃料を抑えようという試みで、景気後退を背景に落ち込みが目立つビル需要を喚起するのが狙いです。

ある不動産会社の試算では、床、天井面積のうち、借り主の設計内装が全体の4割の場合、3.3平方メートル当りの借り主のコスト削減効果は1万5000円。

都内の平均賃料の1カ月分に相当する計算です。

従来の賃料に含まれていた内装費は企業側の負担になるが、撤去時の復旧費も不要。

通信インフラや部屋のレイアウトなどは借り主の企業が自由に決めるというメリットもあり、近年人気を博しています。


<メリット>

入居者は比較的自由な店舗設計ができるなどのメリットがあります。


posted by money at 21:33 | TrackBack(0) | 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。