==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

毎月分配型投信

毎月分配型投信

毎月分配型投信とは、投信購入者に、通常なら年に1、2回の分配金(超過収益の配当金)を、毎月支払う形の投資信託商品。

通常投資信託は、通常年に1〜2回の信託報酬を分配金として、投資家に支払います。

しかし近頃、この分配金が「毎月支払われる」投資信託が多数登場しています。

毎月分配型投信と言われるもので、主に海外の債券や政府機関債、海外企業の社債外貨建ての債券など、満期までの期間が比較的短期間のものに分散投資しています。

特徴として、毎月分配金が支払われることや、利回りが高い事が挙げられます。


<毎月分配型投信の商品性>

毎月分配型投信の代表である「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」の基本的な商品性は以下のとおりです。

・商品分類     
追加型株式投資信託(分配金受取コース、分配金複利けいぞく投資コース)

・信託期限     
   無期限

・信託設定日    
   平成9年12月18日

・決算日      
   毎月17日(休業日のときは翌営業日)

・申込単位     
   1万口または1万円以上1円単位

・申込価額     
   申込受付日の翌営業日の基準価額

・申込手数料    
   1.575%(消費税込み)

・信託報酬     
   1.3125%(消費税込み)

・監査費用     
   0.0042%(消費税込み)

・信託財産留保額  
   0.5%


<毎月分配型投信のメリット>

・毎月分配金が受け取れる
通常これらの投信は、毎月決まった日に分配金が支払われます。

・利回りが高い
大体3〜4%の年利がある為に、銀行の預貯金よりも遥かに高い利回りが期待できます。

・低資金で取引できる
通常数万円から取引が可能です。


<毎月分配型投信のデメリット>

・価格変動リスク
基準価格は通常の株式と同様に常に変動しています。
その為に、購入価格を下回る可能性も有ります。(逆も然り)

・為替変動リスク
外貨建て債券に投資している為に、円高等により為替差益を被るリスクがあります。

・税制上の不利
毎月分配される分配金にはその都度課税されます。
分配金を生活費等に充てる場合は問題ありませんが、この分配金を再投資する場合は、毎月の課税分が不利となります。


このように、毎月分配金が貰えることや、比較的基準価格が安定している事から、ここ数年非常に人気の商品となっています。

特に最後の税務上の理由からか、年金受給者にも大変人気の商品となっています。



posted by money at 11:17 | TrackBack(1) | ファンド

ノーロード

ノーロード

ノーロードとは投資信託を購入する際に支払う購入手数料が無料のこと。

ノーロード・ファンドといえば、販売手数料がかからない投資信託のことをいいます。

ミリオン、MMF、MRFなどがその代表だが、その他にも徐々にノーロード・ファンドは増えてきています。

アメリカなどではインデックスファンドを中心にノーロード・ファンドは比較的多く、日本では、まだ、ノーロード・ファンドの数は少ない状況だが、投信の販売手数料は低下傾向にあり、今後はノーロード・ファンドも増えてくると見られます。

投資信託の購入時の手数料は一般に2%から3%程度ですから、この手数料がかからないということは、投資家にとって大きな魅力であると言えます。

また、購入時の手数料は同じ投資信託でも、販売会社により手数料率が異なる場合があります。

現在のような低金利時代には、運用で2%−3%というリターンを獲得することはかなり難しいものです。

しかも、株式市場が世界中で不安定な時ですから、市場が好調な時以上にコストに注意を払う必要があります。

投資信託を選択する場合には、投資信託のパフォーマンスや評価だけでなく、購入時の手数料、信託報酬などのコストを十分比較検討したいものです。

posted by money at 11:14 | TrackBack(0) | ファンド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。