==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

高配当株投資

高配当株投資

高配当株投資とは、予想配当利回りが高い国内外の株式を運用する投資信託

株式投資から得られる収益には値上がり益(キャピタルゲイン)と配当収入(インカムゲイン)がありますが、後者の配当収入を安定的に獲得することを主な目的として運用される株式ファンドを一般に高配当株式ファンドと呼びます。

利回り株ファンド株式インカムファンド、またはインカム・ストック・ファンドなどと呼ばれることもあります。

米国ではインカム・エクイティ・ファンド(Income-Equity Funds)と呼ばれています。


<参考までに>

【買い時チェック】

高配当投資法の買い時は、配当権利落ち日付近の安値だと思います。

ここが最安値というのは、誰もわかりませんから、「下がりすぎたかな?」と感じるところで買いを入れるといいと思います。

あまり長く保有したくない方は、配当権利日の1〜2ヶ月前に買いを入れるといいと思います。

配当権利日が迫ってきている為、買いが入りやすくなることがあります。


【売り時チェック】

売り時は、2つあると思います。まず1つは、配当権利日までに売ることです。

高配当の銘柄は下げもきついことが多いので、ある程度キャピタルゲイン(値上がり益)を得られたら、売ってしまうのも一つの手でしょう。

もう一つは、保有し続けて高配当の恩恵を受け続けることです。

例えば、配当利回り5%ずっと続けている銘柄は、20年持っていれば配当のみで元が取れることになります(5%×20年=100%)。


このように『高配当投資法』は、うまくやればリスクの少ない投資法です。

ただ減配(配当が下がる)が発表された時は、配当利回りの下支えがなくなり、株価が大きく下がるリスクが存在します。

銘柄選びは、配当利回りの大きさだけでなく、業績にも十分注意する必要があります。





posted by money at 12:25 | TrackBack(0) | ファンド

会社型投信

会社型投信

会社型投信とは投資会社株式を発行して資金を調達し、投資会社への株主は、投資会社の資金運用益を分配金として受け取る形の投資信託

会社型投信は、多くの投資家から基金を集めその資金をもとに投資会社を設立し、証券投資をして利益を上げ、投資家に対し配当分配をしようとすることです。

この会社型投信の特徴は、投資家から集められたファンドは信託財産ではなく会社財産として運用されることにあります。


<補足>

平成10年12月1日、金融システム改革の一つである証券投資信託法が「証券投資信託及び証券投資法人に関する法律」と改められ施行された。

改正投信法では、証券投資法人制度(いわゆる会社型投信)が新たに創設され、設立の届出や証券投資法人の登録等ほとんどの事務が財務局長等に委任された。

証券投資法人とは、有価証券投資を目的として設立された法人が証券を発行して投資家から資金を集め、その資金を運用専門業者が主として有価証券に対する投資として運用し、投資家はその結果を収益の分配等として受けるというものであり、運用環境の変化があっても、@投資方針の変更、A運用業者の変更、Bファンド同士の合併等を通じて対応できる等、安定的・継続的に運用できるとともに、投資家の多様化するニーズに柔軟に対応できるほか、安定的なものからハイリスク・ハイリターンのものまで様々な商品の組成が可能な仕組みとなっている。


posted by money at 12:22 | TrackBack(0) | ファンド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。