==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

ヘッジファンド

ヘッジファンド

ヘッジファンドとは金融デリバティブを駆使し、市場の価格変動に左右されず、安定的利回りを目指す投資信託。

現在ではその内容は多岐に渡り、万人に受け入れられるような定義はない。

有価証券、又はその他の資産をファンドとして保有する経済主体で、私募形式をとり、Investment Company Actの適用を受ける投資顧問会社としては登録されていないもの、といったくらいの意味で使われている。

1949年にアルフレッド・ジョーンズが創設したプライベート・パートナーシップが始まりとされている。

ジョーンズのファンドはレバレッジをかけて株式に投資するもので、市場変動に対する「ヘッジ」として空売りを行ったことからヘッジファンドの名がある。

現在では投資対象は債券、通貨をはじめ商品オプション、上場先物、非上場の各種デリバティブ、そしてその他の有価証券以外の資産へと広がっており、使われる投資戦略も非常に多彩である。

その名の由来となったヘッジ戦略や裁定にとどまらず、昔ながらの「株の買い持ち」も行われる。


<ヘッジファンドの利点>

ヘッジファンドはすべての市場の両方の局面でプラスのリターンを上げる事が可能ですので、正しくヘッジファンドを選択すれば、リスクを最小限に抑えることができます。

1、上げ相場と下げ相場の両方でリターンを得られる。

2、法的な制約が少ない。

3、様々な投資手法で運用ができる。

ヘッジファンド業界は、投資業界のなかでもトップエリートが集中している分野です。

近年ヘッジファンド業界のかでの競争は非常に激しく、限られた優秀なファンドマネージャしか生き残れません。

そのためヘッジファンドを選ぶときには、過去の実績が重要になります。過去においてある程度のパフォーマンスの実績のあるヘッジファンドを選択しなければなりません。





posted by money at 18:46 | TrackBack(1) | ファンド

ブル型投資信託

ブル型投資信託

ブル型投資信託とは株式、為替変動の最大限利用するハイリターンを目指す投資信託

一般的に「ブルベアファンド」と呼ばれる投資信託。

ブルベアファンドには「ブル型」と「ベア型」があります。

この投資信託のブル・ベア型の「ブル」は英語で雄牛という意味。

雄牛は攻撃する時には、角を「下から上」へ突きあげますよね。

だから「ブル」は、上昇相場のことを指します。

「ベア」は英語で熊という意味。

熊は攻撃する時には、爪を「上から下」へ振り下ろします。

だから「ベア」は下落相場を指します。

ブル型は、対象指数が上昇すれば利益が生じ、下落すれば損失が生じます。ベア型はこの逆です。

また、ブルベアファンドは、先物などを利用してレバレッジを効かせたものが多く、対象指数の数倍の動きをします。

投資信託で、通常の株式投資を投資対象としたファンドは、株価が上がったときだけ利益が出ることになっていますよね。

ところが、投資信託のブル・ベア型では、株価指数が下がった時にも、基準価格が上昇するように設計されています。

たとえば投資信託のブル・ベア型ファンドのレバレッジが2倍とします。
その場合、株価指数が10%下落するとすると、投資信託の基準価格は20%上昇するように設定されています。

つまり、株価指数が下落した時も、熊(ベア)が爪を振り下ろすように攻撃するということ。

ただし、見込みに対して、10%株価指数が上昇すれば、基準価格は20%下落することになります。

このように投資信託のブル・ベア型ファンドは、ハイリターンを期待できる反面、コストがかかるため、ハイリスクでもあります。

投資信託のブル・ベア型ファンドは、長期で資産運用するというよりも、短期での資産運用として考えたほうがよいかもしれません。

投資信託のブル・ベア型ファンドのレバレッジの倍率は最大で5倍となっています。


posted by money at 18:44 | TrackBack(0) | ファンド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。