==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

5%ルール

5%ルール

5%ルールとは、ある組織が一銘柄を5%以上購入した際、財務省に届け出なければならない。その後も、1%以上売買したときに報告する義務や購入目的、資金の出所などを報告する。

大量保有開示制度ともいうが、発行済み株数の5%が開示の基準になっていることから、一般には「5%ルール」という名前で通っています。

届出は、保有株比率が5%を超えてから5日以内です。

それ以降も、保有比率が1%変動するたびに届出をする義務がある。

5%ルールに基づいて届出された情報については、一般に情報が公開されることになっています。

5%ルールは投資家保護を目的とし、株券等の大量の取得、保有、放出に関する情報を迅速に投資家に開示することで市場の公平性・透明性を保つために導入された制度です。




posted by money at 14:13 | TrackBack(0) | 株式

グロース株

グロース株

グロース株とは、将来の成長性を見込んだ場合、現在の株価が割安だと判断される株式のこと。

成長株ともいう。

また、割安株のことはバリュー株という。グロース株とバリュー株は対立した考え方のようにとられることもあるが、「成長性が高く、なおかつ割安」という割安成長株という考え方もあります。

本来、成長性というのは、収益性や資産性などと並んで、株価の価値を測るための要素の一つであるのです。

銘柄を選ぶときにはさまざまな基準をもとに決めますが、大きく分けると、

・グロース株(割高株)……将来の成長 性(グロース)に期待できるもの

・バリュー株(割安株)……企業の利益や保有資産など、現在の価値(バリュー)に対して株価が割安なものの2つがあります。

グロース株投資は、株価が利益や資産価値から判断して割高のケースが多いものの、業績が伸びるので株価が上昇する、と判断できる銘柄に投資する手法です。

バリュー株投資は、現在の株価が割安に評価されている銘柄に投資します。

割安なときに投資して、将来、株価が適正な評価をされた (上昇した)ときに売却して利益を得る手法です。

posted by money at 14:11 | TrackBack(0) | 株式
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。