==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

株式ミニ投資

株式ミニ投資

株式ミニ投資とは、通常売買単位の10分の1で取引できる株式売買方法

小額の資金で投資が可能となり、初心者にも入りやすいかもしれませんが証券会社が購入した単元株を投資家に売っているので、株の名義は証券会社にあり、株主総会での議決権などはありません。

銘柄は、証券会社の指定する銘柄の中から選択する形になります。

買い足した結果、株式数が単元株数に達したときは、申し出の有無にかかわらず個人名義となります。

正式な株主ではないので、株主優待も受けられません。

ただし、株式分割や配当金は受け取れます。


<注意>

指値注文ができないということです。

成行でしか買えません。

注文を出した日の翌日の寄付きで買うので、買いたい値段を指定することはできません。

※寄付きとはその日の市場で最初に売買が成立した時の値段。

また、売買単位が1株のものは、それ以上分割できないのでミニ株対象外です。





posted by money at 13:19 | TrackBack(0) | 株式

名義貸し

名義貸し

名義貸しとは証券会社が名義が出ることを嫌う大口投資家のために自社の名義を貸すこと。

名義貸しの行為は、「名義貸し、住所貸し」と呼ばれ、禁止行為とされています。

顧客が他人名義によって証券取引を行うことは、不公正な取引を行うための手段として利用されることが考えられます。

<例えば>

いわゆる「裏金」など不正行為に基づく資金の運用を目的として、取引を行おうとする顧客が、他人名義で有価証券を買い付ける場合があります。

また、インサイダー情報を入手した顧客が、内部関係者等であることを隠すために、他人名義の口座を使用して、インサイダー取引に係る有価証券の取引を行う場合があります。

<注意>

金融機関の外務員が、顧客の他人名義等による取引に加担することのないよう、名義、住所貸しは禁止行為とされているのです。

当然のことながら、名義等を貸し付けることに付帯して、投資勧誘や注文の受託を行うことも禁止されています。
posted by money at 13:18 | TrackBack(0) | 株式
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。