==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

オーバーアロットメント

オーバーアロットメント

オーバーアロットメントとは株式を公募・売り出しする際に、市場の需要が多いときに、引受証券会社が株主から株を借りて、追加的に投資家に販売すること。

オーバーアロットメントは、株式の売出を行う際、引受証券会社が売出後の需要動向を見て、当初の売出予定株数を超える株数を当初の売出条件と同一の条件で追加で売出を行うこと、また、その数量枠のこと。

売出の場合、引受証券会社が売出予定株数については全量買い取ることになるため、証券会社の需給リスクを抑えるために行われます。

また市場における値崩れを防止するためにも用いられます。

オーバーアロットメント分の株式は、市場から買い付けるか、発行会社に追加発行させることにより調達します。




posted by money at 10:49 | TrackBack(0) | 株式

店頭株

店頭株

店頭株とは、取引所を介さずに証券会社の店頭で取引されている株式のこと。

店頭株市場は、証券取引所には上場されていませんが、一般投資家に公開され
ている企業の株式を相対で売買する市場で、売買は証券会社の店頭でコンピュー
ターシステムを通して行われています。

日本では、日本証券業協会が運営しており、公開基準は東証一部や二部に上場するよりも緩いものの、勿論一定の条件を満たす必要があります(例えば、純資産額2億円以上とか)。


<上場予備軍の店頭株>

上場株式に対して、証券会社などの店頭で売買される銘柄を「店頭株」という。これらは、証券会社などと投資家の間で取引価格が決定される。


<店頭株の公開基準>

店頭での公開については、上場基準ほど厳しいものではないが、緩やかな基準がある。

上場基準を満たすほどにはいたっていないが、成長が確実だと認められる若手の銘柄、いずれ上場を果たそうという意気込みのある銘柄がそろっています。


言い換えれば、上場予備軍といったところであり、企業の知名度を上げる、資金調達を円滑にするなどの目的で、盛況を博しています。


<相対取引とは>

店頭株は新しく登録し、将来、上場を目指す登録銘柄と、かつては上場していたが、上場廃止となり、落ちてきた管理銘柄とに分けられます。


店頭株は、“相対取引”という取引の方法になります。

証券会社などと投資家の間で買値(売値)が決められます。


具体的には、証券会社などが、株の値段を公表して、これをもとに価格が決められます。

要するに、売り手と買い手が向かい合って取引をするのです。


posted by money at 10:48 | TrackBack(0) | 株式
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。