==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

PTS

PTS

PTSとは上場株式債券証券市場を経由せず、私的に売買するシステムのこと

PTSとは、私設取引システム(proprietary trading system)の略称。

取引所ではなく、証券会社が開設したコンピューター・ネットワーク上の市場での取引のことをいいます。

米国では電子証券取引ネットワーク(ECN)と呼ばれるPTSが、ナスダック市場取引高の3割から4割を占める状態になっています。

日本でも、機関投資家向けの債券取引を中心にPTS開設が相次いでいます。

また、一部のネット証券が、PTSのシステムによって株の夜間取引など取り扱っています。

<PTS制度概要>

平成10年12月に、金融システム改革法が施行されました。

金融システム改革において、東証、大証などの証券取引所にすべての投資家の注文を集中させるという取引所集中義務が撤廃されたことを受けて、証券取引法(以下「証取法」と略す)の改正において、市場間競争により、投資家の利便性が向上されることを目的として、証券業の定義を拡大し、証取法第2条8項7号に私設取引システムの条文が追加されました。

これを受けて日本においても米国同様、PTS業務を営む証券会社が誕生したわけです。


posted by money at 06:48 | TrackBack(0) | 資産運用

エマージング・マーケット

エマージング・マーケット

エマージング・マーケットとは、アジアや旧東欧諸国、中南米諸国など新興成長経済国の市場のこと

エマージングというのは、英語の「Emerging」からきています。

「emerge」という動詞には、浮かび上がる、台頭する、という意味があります。エマージング・マーケットtというと、新興諸国の市場ということになります。

エマージング・アジアというと、アジアの新興諸国ということになりますし、エマージング・カントリーというと、世界中の新興諸国をいいます。

最近注目を集めているエマージング・マーケットとしては、中国、インド、トルコ、東欧諸国、ブラジルなどがあります。

こうした新興諸国への投資の魅力は、高い経済成長率を背景として、資本市場でも高いリターンが期待できることです。

高い成長率が期待できる国の株式に投資することで、投資信託の高い成長が期待できます。

こうして期待リターンが高い反面、エマージング・マーケットは全般的にマーケットが未整備であることから、先進国市場では見られないような様々なリスク要因も存在します。
posted by money at 06:45 | TrackBack(0) | 資産運用
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。