==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

オペレーティングリース

オペレーティングリース

オペレーティングリースとは、リース契約時に、予めリース満了時の残存価格を計算しておき、残存価格を差し引いた金額でリース料を決めるリース方式

リース取引は、ファイナンスリースと、オペレーティングリースに分類される。
ファイナンスリースについては、下記を参考にしてください。

オペレーティングリースと分類された物件は、賃貸借取引として会計処理されるが、解約不能型(契約上、あるいは事実上解約が不可能なリース取引)の場合、注記が求められる。

<ファイナンスリース>

ファイナンスリースとは、実体としてリース物件に対する融資としての性格が強いリース取引のこと。

リース取引は、ファイナンスリースと、オペレーティングリースに分類される。

次の2つの要件に当てはまるリースがファイナンスリースと分類される。

・リース期間の中途での解約が、契約上あるいは事実上不能であること
(ノンキャンセラブル)

・A経済的利益とリスクが実質的に借手に帰属すること
(フルペイアウト)

実務的には、次の3つの条件のいずれかに当てはまるリース取引がファイナンスリースとされる。
1)リース物件の所有権が借り手に移転する
2)リース物件の取得価格のおおむね90%以上がリース料として支払われる
3)リース期間が耐用年数のおおむね75%以上である

ファイナンスリースと分類された物件は、以下のように会計処理される。

所有権移転型=売買処理(融資と同じ会計処理)

所有権移転型以外=売買処理と賃貸借処理の選択(賃貸借処理を選択した場合中期が必要)

【補足】
<ファイナンスリースとオペレーティングリースについて>

リースは主にファイナンスリース契約とオペレーティングリース契約に大別される。

ファイナンスリースは文字通り設備機器導入の資金調達のひとつとして金融色が強い契約である。

一方、オペレーティングリースはリース期間終了後の残存価格を設定したり、消耗品の提供や保守契約を付属させるなど賃貸借色が強い契約である。

税制や会計基準から、日本ではリースというと主にファイナンスリースを指すが、中古品市場が発達している自動車や航空機など、リース対象物によっては、リース料を抑えられるオペレーティングリースも増加している。

日本でよく見られる形態のリース取引は、リース会社がある企業の為に、新品を購入して賃貸する取引形態のものである。

このような契約形態においては、物品を借りている企業が期限前に解約すると、その場合にはリース会社に違約金(残リース期間×リース料金+多少の違約金)を支払う契約になっていることが普通である。

このように、違約金の規定によって、たとえ契約を途中で解約したとしても残額をリース会社に支払わなければならないような取引は、事実上途中解約が不可能であると見なされ、上記で言うところのファイナンスリースに分類される。


<リース料の設定例>

<ファイナンスリース>
月額リース料金 = (物件価格 + 期間固定資産税 + 金利 + 動産総合保険保険料 + 利益 + 対象企業によるリスク利率 ) / リース期間(月数)

<オペレーティングリース>
月額リース料金 = (物件価格-残価 + 期間固定資産税 + 金利 + 動産総合保険保険料 + 利益 + 対象企業によるリスク利率 ) / リース期間(月数)

ファイナンスリースとオペレーティングリースの違いは、残価設定をされているかどうかである。

残価にてリース先企業や中古市場に売却できる分オペレーティングリースのリース料が安いということが理解できる。

よって、高額な残価設定ができる機器をオペレーティングリースを利用してリース導入すると、場合によっては物件価格よりも安い価格(リース料×リース期間が物件価格以下)でリースできることがある。




posted by money at 17:21 | TrackBack(0) | ローン・貯蓄

金利減免

金利減免

金利減免とは、銀行などの金融機関が、経営難の企業など債務者に対し、貸付金利を契約時に比べ軽減したり、免除すること。

債権者である銀行などが、債務者である経営難に陥った企業などに対する貸付金の金利を、契約時よりも軽減したり、免除することを云います。

消費者金融と金利減免の関係についてさらに詳しく見てみると、通常、減免対象は、再建の見込みのある企業に限られる。

さらに減免幅については、企業の経営状況などに応じて決められる。

都銀などは、1995年9月期決算から、公定歩合以下の金利減免債権を発表している。


<方法>
・当事者同士で話合って解決
・返済額と金利を減免してもらう
・弁護士に依頼するのが得策

<リスク>
平均2〜3年で完済するように予定を組んでくれるので、先が見えることで安心感がでるでしょう。ただし、信用情報機関には「債務整理」という事故情報が登録され、5年間はブラック扱いとなります。




posted by money at 14:04 | TrackBack(0) | ローン・貯蓄
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。