==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

フリーローン

フリーローン

フリーローンとは、使途を決められていない個人向けローン。
住宅ローンのように使途が制限されず、無担保で借りられるが、金利が高いのが特徴

フリーローンは、その名の通り自由なローンです。

住宅ローンや教育ローン自動車ローントラベルローンなどの「目的別ローン」とは違い、原則、借りたお金の使い道は限定されていません。

目的別ローンに比べると金利はやや高めになります。

借入の際には担保などを取らない、無担保のローンの1つです。

保証人も原則は必要ありません。

つまりは、借りる人の返済能力や信用力にもとづいて貸してくれるローンです。そのため、本人の勤務状況などが問われます。

借りられるのは、最大300万円程度。期間は5〜7年程度で借りられるものが多いようです。
変動金利と固定金利があり、金利は6%台〜7%台。

<フリーローンの特徴>

・保証人がいらない。
・担保がいらない。
・融資を受ける本人の勤務状況が重視される。

という特徴があります。

さらに、一般的にはフリーローンは高いと紹介しましたが、最近は利息の見直しなどが各信販会社を筆頭に、消費者金融などでもさかんに行われるようになっています。

自動車や住宅のような大口のローンには当然金利の面では勝てませんが、その他の目的別ローンを利用するなら、かえってフリーローンのほうが安い場合もあるかもしれません。

また、銀行が個人用のローンにも進出していますが、このフリーロ−ンも始めています。審査が面倒かもしれませんが、お得に利用するなら是非チェックしてみてください。






posted by money at 10:41 | TrackBack(0) | ローン・貯蓄

CLO

CLO

CLOとはCollateralized Loan Obligationの略称であり、銀行が保有する貸付債権の流動化を目的として組成される証券化スキームの一種です。

金融機関が企業に融資したローン債権をもとに、債権プールを作り、それを担保に発行する証券のこと。

CLOとは、銀行が保有する貸付債権の流動化を目的として組成される証券化スキームの一種。

ローン担保証券とも呼ばれています。

具体的には、銀行が貸付債権をSPCに譲渡し、SPCは社債を発行する。

この社債を金融機関に販売することで、貸付債権を流動化するスキームとなる

日本では、90年代半ば以降、株価低迷や不良債権の大量発生により銀行の自己資本が脆弱化する中、大手銀行が海外での業務展開に必要な自己資本比率8%(「BISの自己資本規制」と呼ばれています。)を維持する為、優先出資証券の発行や公的資金の注入といった資本増強対策とともに、資産圧縮対策の一つとして活発に行ってきました。

具体的な取引の流れは以下の通りです。

(1) 銀行が保有する多数の借入人に対する貸付債権を一括して(もしくは、一旦、貸付債権信託受益権の形にして)特別目的会社に譲渡します。

(2) 当該特別目的会社がかかる貸付債権等の譲受代金を調達する為に社債(この社債を"CLO"と呼ぶこともあります。)を発行します。

(3) この社債は証券会社等を通じて内外の機関投資家等に販売されます。

ここで社債を発行する特別目的会社の業務は、貸付債権等の譲受及びその譲受代金を調達するための社債発行に限定されています。

従って、投資家が購入する社債のリスクは特定目的会社のコーポレートリスクというよりは、まさにこの貸付債権等のリスクと言えます。



posted by money at 10:38 | TrackBack(0) | ローン・貯蓄
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。