==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

モラトリアム

モラトリアム

モラトリアム(moratorium)

戦争や災害により、債権者が一斉に債権回収に走り、その影響で債権回収が困難になり、国の信用制度が崩壊しそうなときに、法令を出し、一時的に債務返済の猶予期間を設けること

日本では関東大震災後(1923年、震災手形を参照)と金融恐慌(1927年)の際のモラトリアムが知られる。
学生など、社会に出て一人前の人間となる事を猶予されている状態を指します。

心理学者エリク・H・エリクソンによって心理学に導入された概念で、本来は、大人になるために必要です。

社会的にも認められた猶予期間を指しますが、日本では、小此木啓吾の『モラトリアム人間の時代』(1978年)等の影響で、例えばニートのように社会的に認められた期間を徒過したにもかかわらず猶予を求める状態を指して用いられることが多いです。

<手引き>

債務などの支払いを猶予する場合は「債務支払い猶予」、社会人になるべき時期を先延ばしする場合は「猶予期間」などと、文脈によって言い換え語を変える工夫も効果的である。

<その他の言い換え語例>

債務支払い猶予 猶予期間




posted by money at 10:49 | TrackBack(0) | ローン・貯蓄

モーケージ担保証券

モーケージ担保証券

米国の代表的な資産担保証券
金利、満期の近いローン債権を一括して信託し、その受益権を証券化したもの

【資産担保証券】

資産担保証券とは、資産を担保にして発行された証券のこと。

資産担保証券(Asset Backed Security)はABSの略称で呼ばれます。

基本的には、キャッシュフローを生み出すものならばABSの担保にすることが可能であり、実際に、売掛債権、リース債権、自動車ローンなどのABSなどが発行されている。

ABS発行の仕組みとしては、企業などが保有する資産を証券化商品の発行体として設立されたSPC(特別目的会社)に売却し、SPCがその資産を裏付けにして証券を発行し投資家に販売して資金を調達する。 


<資産担保証券の種類>

資産担保証券には、対象資産の種類ごとに個別のネーミングがあります。

貸付金を証券化したものをローン担保証券(CLO)、債券を集めて証券化したものを債券担保証券(CBO)と呼んでいます。


・CLO(ローン担保証券)…ローン債権を裏付けに発行された証券
・CBO(債券担保証券)…社債を裏付けに発行された証券
・CDO…ローン債権と社債を合わせた資産を対象に発行される証券

詳しくは・・

CLO(Collateralized Loan Obligation)は、別名、多数貸付債権プール型担保証券(ローン担保証券)といいます。

貸付債権を多数集めて債権プールを作り、これを裏付けに発行される証券を意味するからです。

CBO(Collateralized Bond Obligation)は、別名、多数債券プール型資産担保証券(債券担保証券)といいます。

債券(社債)を多数集めて債券プールを作り、これを裏付けに発行される証券を意味するからです。

また、ローン債権と社債を合わせた資産を対象に発行される証券を、CDO(Collateralized Debt Obligation)と呼んでいます。

多数債権プール型資産担保証券のことです。デット(Debt)は、債務(負債)という意味ですが、お金を融資する金融機関から見ると債権となります。


posted by money at 10:47 | TrackBack(0) | ローン・貯蓄
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。