==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

キャッシュアウト

キャッシュアウト

デビッドカードサービスの一種で、買い物の際、商品代金とは別に欲しい現金を店員に伝え、現金をもらうサービス。

受け取った現金は、預金口座から引き落とされる。

デビットカードの機能の1つで、デビットカードを使って加盟店のキャッシュレジスターから預金(現金)を引き出すことである。

欧米では既に導入されているが、日本ではデビットカードの今後のサービス展開策として検討中である。


消費者金融クレジットカードのワンポイント】

消費者金融が提供するサービスをキャッシングといいますが、一口にキャッシングいっても上は銀行から下は街金まで多種多様な借入先があります。
これらは「消費者信用」という産業に含まれるもので、クレジットカードは「販売信用」と呼ばれています。

消費者金融という言葉は一般的に「無担保無保証融資の会社の総称」として解釈されていますが、これはあくまでも便宜上の捉え方にすぎず正確には「消費者信用」における取引形態の種別のひとつとして解釈され、定義として「直接金銭を貸し付けるもの」を指します。


<他の意味の例>
キャッシュアウト(きゃっしゅあうと)とは、住宅ローンの借り換え時に追加融資を受けることをさします。住宅の評価額とローン残高との差額から現金を借ります。連邦住宅貸付抵当公社によると、2001年以降借り換えた世帯のうち2世帯に1世帯がキャッシュアウトしています。この現金が個人消費を支えることがあります。



posted by money at 11:08 | TrackBack(0) | ローン・貯蓄

コミットメントライン

コミットメントライン

金融機関に手数料を払う代わりに、必要なときに一定額まで資金が借りられる融資枠

コミットメントラインとは、融資先と銀行が予め契約した期間・融資枠の範囲内で、融資先の請求に基づいて、銀行が融資を実行することを約束(コミット)する契約です。

簡単に言えば、これまでも取引先に当座貸越枠や手形貸出の枠を各取引先に設定して、その枠内での貸出を実行していたと思います。

これまでの当座貸越枠では、当座貸越契約書を見て頂くと分かりますが、枠内の貸出金については、貸し出すことが出来るのであって、貸出を保証するものではなかったのですが、「コミットメントライン」は、基本的には銀行が断ることが出来ないかわりにその枠について、枠設定料金(通常0.2%〜数%程度)を融資先から頂くというものです。

従来から欧米銀行ではこのコミットメントラインが普及していたのですが、日本では、中小企業に対する銀行の優越的地位の乱用による、中小企業への「コミットメントライン」の押し込み販売を危惧して認められていませんでした。

現在でも、中堅企業以上でないと難しい面もありますが、企業サイドも「安定的な経常運転資金枠の確保」、「マーケット環境の一時的な変化など、不測の事態へのリスクヘッジ」や「必要なときに必要な資金が借りられ、資金余剰期には返済できる」等、メリットがあり、フィー次第ではありますが、今後もその需要は拡大していくものと思われます。

事業法人等は、資金の流動性を確保する代わりに、その銀行に対し、約束料として「コミットメントフィー」の支払いを行わなければなりません。

わが国では、1997年の金融危機以降、確実かつ機動的な資金調達ニーズが高まっていること、また1999年3月に「特定融資枠契約に関する法律」の制定により法整備がなされたこと等により、近年その取引が拡大しています。

【契約方法】
1. バイラテラル方式(相対型)
各取引銀行と個別にコミットメントライン契約を締結する方法です。
銀行では通常「バイラテ」と略して呼んでいます。
個別の当座貸越枠とほとんど変わりません。
尚、契約書は、当座貸越枠よりも精緻であり、特にコベナンツ条項と貸出申込みから貸出までの期間には注意を要します。

2. シンジケート方式(協調型)
複数の銀行と同時に契約を結ぶ方式です。
主幹事銀行(団)(アレンジャー)を中心に、同一条件でコミットメントライン契約を締結する方法です。
シェアを一定に守れることや、契約を一本で締結出来る等の利点がある一方、各行の思惑や、金利条件の調整に、予想以上に時間を要することがあります。

posted by money at 11:05 | TrackBack(0) | ローン・貯蓄
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。