==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

根抵当

根抵当

根抵当権(ねていとうけん)とは銀行と企業の間で、一定額の抵当(担保)を入れておき、その担保内であれば、取引ごとに抵当を入れなくて良くする。
この際、最初に銀行に入れた抵当のことをいます。

これに対し、通常の抵当権は特定の債権を被担保債権とします。

根抵当権は特定の債権を担保するものではないため付従性(附従性)がなく、継続的な取引関係にある当事者間に生じる債権を担保することに向いています。

たとえば、商工ローン業者の多くは、500万円の融資を行う場合でも、1000万円までの融資枠を設けて、その枠に応じた根抵当権を不動産などに設定するというようなことを行う。
債務者は、その資金枠目いっぱいまで追加融資を受けることができる。

<例>

B会社と取引のあるA銀行が、B会社に融資することによって生じる金銭債権に、担保権の設定を受けておきたいと考えたとすると、

普通抵当権の設定を受けた場合、被担保債権は特定の債権なので、新たな融資債権が生じた場合には、別の抵当権の設定を受けなければならなくなります。

これでは抵当権を設定するための登記費用もばかにならないし、手間もかかります。

また抵当不動産に後順位抵当権が設定されていた場合には、新たな抵当権は当該抵当権に劣後することになり、担保としての実効性にもとぼしい。

この点、根抵当権であれば、設定行為において、AB間の銀行取引によって生じるAの債権を被担保債権としておきさえすれば極度額の範囲内で、全ての融資債権が根抵当権によって担保されるから、普通抵当権のような問題は生じません。



posted by money at 13:38 | TrackBack(0) | ローン・貯蓄

バンクミーティング

バンクミーティング

バンクミーティングとは、企業が、複数の銀行に協調融資を依頼する際に、自社の財務の健全性や返済能力を多くの銀行に説明する会合のことをいいます。

バンクミーティングは企業が融資を依頼する際に企業と金融機関の信用の為に行なわれる会合で借り入れ側(融資を受ける側)の返済能力や財務、売上げ実績など健全に行なわれていないといけません。

企業側の実績の水増しなどの不正はバンクミーティングの際にマイナスな印象を植え付けますので健全な経営をしている企業が有利となりますが、総合判断的に行なわれる為、健全な経営をしている全ての企業が融資審査を通過するとは限りません。

詳しいお問い合わせは取引金融機関と相談する事をおすすめします。
posted by money at 13:35 | TrackBack(0) | ローン・貯蓄
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。