==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

コマーシャルペーパー

コマーシャルペーパー

コマーシャルペーパーとは、企業が短期資金調達のために発行する無担保約束手形

コマーシャルペーパーは、企業が機関投資家等から資金を調達(金を借りる)するために発行する約束手形です。

証券を発行して資金調達する意味においては、社債に近いものです。

買掛金とは異なるものです。

買掛金は、商品や原材料を仕入れたときに、仕入先に対して生じる債務です。

期限が来たら金を払う点では、売掛金に似ていますが、買掛金は、商取引に基づく債務、コマーシャルペーパーは金融取引に基づく債務なので、異なるものになります。

この点から、流動負債か固定負債かを判断するにあたり、コマーシャルペーパーは1年基準により流動または固定、買掛金は正常営業循環基準により流動に、それぞれ分類されます。

コマーシャルペーパーは、わが国では1987(昭和62)年11月から発行が認められ、大企業の短期資金の有力な調達手段として定着し、発行残高も拡大したのです。

発行企業は、CP販売業務を認められている証券会社や銀行との間で販売人契約を結び、発行日の2日前に発行条件を決めます。

米国のような企業が機関投資家などに直接売り出す「直接発行」は認められていないのでです。

1993(平成5)年4月の証券取引法改正で有価証券の一種となっりました。
また、当初は金融機関には発行が認められていなかったが、1988年12月に証券金融会社、90年1月に証券会社、93年6月からノンバンク、94年4月からは保険会社の発行が解禁されたのです。

さらに、95年度の政府の規制緩和の一環で、期間2週間未満および9ヶ月超1年未満のCPの発行も解禁され、リース会社などノンバンクの発行制限(使途制限)も撤廃されました。




posted by money at 13:54 | TrackBack(1) | ローン・貯蓄

国民生活金融公庫

国民生活金融公庫

国民生活金融公庫とは、国民生活向上に資するために比較的低利で融資を行う政府系の金融機関。

国民生活金融公庫は、銀行・信用金庫等民間金融機関から融資を受けることが困難な小規模企業に対して、融資を行うことを目的とした政府系金融機関です。

約145万におよぶ小規模企業への事業資金融資や、教育資金融資、恩給等を担保とする融資などを行っており、全国各地域において身近な金融機関として機能しております。

国民生活金融公庫は、国民金融公庫と環境衛生金融公庫が合併して発足しました。

<国民生活金融公庫法第1条>

「独立して継続が可能な事業について当該事業の経営の安定を図るための資金、生活衛生関係の営業について衛生水準を高めるための資金その他の資金であって、一般の金融機関からその融通を受けることを困難とする国民大衆が必要とするものを供給し、もって国民経済の健全な発展及び公衆衛生その他の国民生活の向上に寄与する」
(国民生活金融公庫法第1条)ことを目的としています。

また、開業資金は国民生活金融公庫へ相談、は鉄則となっています。


これは、「資本金1000万円以内、または従業員100名以内(商業・サービス業は50人以内)の中小企業者」のための事業資金融資制度。運転資金、設備資金の場合は上限4800万円、特定設備資金の場合は7200万円が貸付額の上限となっています。

貸付利率は約2%。データはいずれも2004年現在。
この他に教育資金貸付なども行われている。金利は民間金融機関に比べてかなり低利。


posted by money at 13:52 | TrackBack(0) | ローン・貯蓄
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。