==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

FRA

FRA

FRAとは、将来取引する金利を前もって確定し、取引時に実際の市場金利との差額を決済する取引。

投資家が金利変動リスクを回避するために活用する。

Forward Rate Agreementの略です。

FRAは先々の金利を現時点で予約する相対取引になります。

約定レートとLIBOR、TIBORなどの変動金利の差額を、その変動金利で現在価値に割り引いた金額を前払いで決済する取引です。

取引所に上場されている金利先物は一定の限月定型取引であるのに対して、FRAは相対ベース(店頭取引)の金利先渡し契約のため、満期日、期間などが自由に設定できます。

つまり、FRAは特定の期間の金利を事前にヘッジする手段としてのツールです。

FRAの売り手は金利下落に対するヘッジ手段、買い手は金利上昇に対するヘッジ手段となります。


FRAの特徴と取引メリット

・資産/負債の増加を伴わないオフバランス取引です。
従って、バランスシートの膨張を抑えることが出来ます。
一方、BISによって要求されている自己資本比率との関係は極めて小さいものとなります。

・将来の金利変動をへッジすることによってそのリスクを回避することができます。

・相対取引ですから、金額・期間・取引開始日等の条件を自由自在に決められます。
従って、個別のニーズにあった約定が出来ます。

・差金決済ですから、後で説明する“信用リスク”が小さくて済みます。

・基本的に割引方式で計算されます。
従って、約定期間のスタート日に前払い決済となりますから、そのスタート日に損益の確定が出来ます。


posted by money at 10:41 | TrackBack(0) | 先物

この記事へのトラックバック