==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

オルタナティブ投資

オルタナティブ投資

オルタナティブ投資とは、オルタナティブ投資株式や債券などに代わりうる投資対象。

商品取引やREITなど。

株式や債券等の伝統的な資産運用を超えて、それ以外(「ヘッジ・ファンド」、商品、不動産等)を投資対象とし、さらに様々な運用手法を用いたり、異なったリスクを持つ運用対象を組み込むなどして投資を行うことをオルタナティブ投資と総称します。

オルタナティブ投資 (alternative investment)とは、株式や債券といった伝統的資産に投資して、その値上がり益や配当収入を期待するといった運用手法とは異なる投資手法を指します。

つまり、空売り、先物・オプションなどの金融派生商品を活用して、相場の動向にかかわらず収益の確保を目指す運用手法のことです。

具体的にはヘッジファンド、ファンド・オブ・ヘッジファンズ、未公開株、マネージド・フューチャーズ、マネージド・カレンシー、不動産、ベンチャーキャピタル等、幅広い投資がオルタナティブ投資に含まれます。

ヘッジファンド=オルタナティブ投資として使われていることが多く見られますが、ヘッジファンドだけがオルタナティブ投資というわけではありません。

なお、オルタナティブ投資のことを「代替投資」と訳することもあります。


【オルタナティブ投資のメリットとリスク】

<メリット>
・ 市場変動に左右されにくい
・ 機関投資家など一部の投資家向けの商品に比較的少額から間接的に投資できる

<リスク(ご留意事項)>
・ 商品性が複雑
・ 流動性・換金性に乏しい
posted by money at 20:31 | TrackBack(0) | 先物

この記事へのトラックバック