==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

ランダム・ウォーク仮説

ランダム・ウォーク仮説

ランダム・ウォーク仮説とは、過去の株価推移についての情報は、将来の株価予測には役立たないとする考え方。

株価の値動きの予測不可能性を説明する理論で、株価の値動きはどの時点においても上昇と下降の可能性がほぼ同じであり、過去のトレンドやデータによって将来を予測することは不可能であると結論づけています。

この理論においては、テクニカル分析の予測には科学的根拠がなくなる。
効率市場仮説が根拠となっています。


<効率的市場仮説>

効率的市場仮説とは、ニュースや材料は全て株価に織り込まれており、株価は常に適正価格になっているという考え方です。

効率的な市場は個々の銘柄の株価は市場参加者の総意が反映されたものとなり、それらをすべて含むように時価総額比率で分散化されたポートフォリオを組むことで、リスク・リターンのバランスが最も効率的となる。

(システマティックリスク以外のリスクを排除できる)このような運用をパッシブ運用といい、現在機関投資家の多くが重視している運用手法です。



posted by money at 12:34 | TrackBack(0) | 資産運用

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。