==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

顧客分別金

顧客分別金

顧客分別金とは証券会社などが、顧客から預かった証拠金や担保株式・債券などのことをいいます。

証券会社は、顧客との取引に伴い顧客から受け入れた有価証券・金銭、および顧客の計算に属する有価証券・金銭については、証券取引法により証券会社固有の財産と分別するよう義務づけられています。

顧客分別金とは、証券会社が廃業等した場合に顧客に返還しなければならない額に相当する金銭をいい、証券会社は当該金銭を信託会社等に信託することが法令で義務付けられています。

これを顧客分別金信託といい、顧客分別金信託の運用方法等は法令で規定されています。

<顧客資産の分別保管とは>

平成10年12月に施行された証券取引法の改正により、証券業に係る『顧客資産の分別保管』が法定され、お客様からお預かりした有価証券・金銭について分別保管をすることが、証券取引法第47条に基づき義務付けられております。

この『顧客資産の分別保管』は、万一、証券会社が破綻した場合でも、お客様からお預かりした有価証券や金銭をお客様に返還することができるようにするためのものです。

なお、証券会社のペイオフは平成13年4月1日から実施されております。

お客様が証券会社にお預けした大切な有価証券や金銭も1,000万円(投資者保護基金の補償限度額)までしか補償されなくなり、お客様が証券会社を選ぶ時代に入りました。



posted by money at 06:40 | TrackBack(0) | 資産運用

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。