==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

国際分散投資

国際分散投資

国際分散投資とは、リスクを減らして、高い利回りを得るために、多国通貨に分散して投資すること。

投資成果を左右する大きく要因の一つは、その国の経済状態です。

投資先の経済状態が好調であれば、通貨株式の価値などは上昇する可能性が高く、逆に、経済状態がひどくなれば、通貨や株価が暴落するリスクもあります。

自国にだけ投資した場合にも、そうしたリスクがあるために、いくつかの国に分散して、そうした国ごとのリスクを分散させようとするのが、国際分散投資の考え方です。

<国際分散投資の重要性>

資産運用及び投資を行う場合、投資家には、資産を増やそうという「利益への期待」だけでなく、資産を減らしたくない、守りたいという「リスクを回避したい希望」もあります。
このリターンを極大化し、リスクを軽減化するには、特定の資産に偏らず、異なった性格の資産をうまく組み合わせます。

そういう資産構成(ポートフォリオ)を作ることが大変有効といわれています。

ですから、資産の運用先を分散すればリスクは軽減できるということで、分散する数が多ければ多いほど、リスクも確率としては低くなり、資産全体の運用の効率は良くなります。

従って国内の市場だけでなく、海外の金融市場も視野に入れ投資する。つまり国際分散投資を行うほうが、より確実な資産運用になるといえます。

また、海外の様々な金融市場に投資する理由には、経済循環サイクルの違いを利用しようという狙いもあります。

私達は、この一見難しそうに思える海外の分散投資部分を一元化する事により、効率良い投資を実現していきます。


posted by money at 11:10 | TrackBack(0) | 資産運用

この記事へのトラックバック