==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

ノンリコースローン

ノンリコースローン

ノンリコースローンとは、債務履行請求が及ぶ範囲を、ローン対象の物件に限定するローンのこと。

通常の融資では、企業に資金を貸し付けているので、担保で賄いきれない債務は、その後も返済しなければならないが、ノンリコースローンは特定の事業に対して融資するので、担保以上の返済は要求されない。


ノンリコースは、非遡及型という意味で、対象物件以外には債務履行請求の範囲を遡及しないという意味。

融資する業者側は、事業性そのものを判断材料として融資します。

その事業に対する判断が悪ければ、融資側も損失を被るという形になります。

融資する側としては高度な判断力が必要です。

借入人が保有する特定の資産(責任財産)から生ずるキャッシュフローのみを拠り所として債務履行がなされるローンをいいます。

資産流動化市場の発展に伴い、最近、特に注目されるようになってきました。

急成長しつつある不動産流動化ビジネスにおいて、銀行、生損保会社等の金融機関がノンリコースローンの貸し手として積極的に参加するようになったことがその一因と思われます。

これには、以下のような背景があります。

(1) 取引への参加に際しては高度なリスク判断が必要とされ、こういった金融機関にはそのノウハウがあること
(2) 強い資金運用ニーズあること
(3) 時価評価が必ずしも求められないローンでの資金運用が金融機関から望まれていること

資産流動化案件のノンリコースローンの借り手には、責任財産の当初保有者(オリジネーター)である事業会社等ではなく、オリジネーターから責任財産を譲受けた特別目的会社や信託銀行(信託勘定)がなるのが一般的です。

これは、スキーム組成上、ノンリコースローンからオリジネーターのリスクを切り離す必要があるためです。

posted by money at 11:14 | TrackBack(0) | ローン・貯蓄

この記事へのトラックバック