==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


ローン・貯蓄 /  資産運用 /  株式 /  ファンド /  不動産 /  保険 /  先物 /  為替 / 

オーバーローン

オーバーローン

オーバーローンとは、住宅の借入金の残高が、不動産の譲渡価額(時価)を上回っている状態のこと。また譲渡価額超過分の借入金残高のことを指します。

オーバーローンとは本来、銀行など金融機関が、預金を上回る金額を貸し出している状態を指す金融用語です。

不動産取引では、主に住宅ローンの残高が、土地・建物など担保物件の時価を上回っている場合に使われる。

例えば4000万円の住宅ローン残高があるのに、住宅の時価が3000万円しかないという状態のことです。

オーバーローン状態では、土地・建物を売却しても、借金が残ってしまうので、住宅を買い替える際などに新たな住宅ローンを利用しにくくなる。

住宅購入時の頭金が少ない場合などに、オーバーローンになりやすい。



<例として住宅ローンでよくある質問・・・・・>

住宅ローンの支払いのために自己破産しなければならなくなる人は大変多いです。

このような方のために、住宅金融公庫などは返済予定の変更に応じてくれるようですが、他から借金をしてしまうとこれも手遅れとなります。

住宅ローンは保証人を入れている場合が多いので、大抵の方は頑張ってしまって、他からの借入れをしてしまうようです。

いざ、住宅をあきらめて自己破産するとなると、住宅はいずれ明け渡さなければならなくなりますが、子供の受験や進学など、すぐには引っ越せない事情もあります。

なかなか複雑ですし、大事な問題ですので具体的に自分がどうしたらよいのかは弁護士にご相談されて決めることをお勧めします。


posted by money at 10:54 | TrackBack(0) | ローン・貯蓄

この記事へのトラックバック